AWS Re:Invent に出展している企業ブースの雰囲気!!!

AWS, re:Invent, イベントレポート

出展ブースの雰囲気

ことしの出展ブースの傾向やユーザの意向は こちらの記事 をご参照ください。

自分はもっとライトな感じで出展ブースの雰囲気をお伝えしたいと思います。

ブースは大型の会場内に大小のブースが並んでおり、入口にテーブルと椅子で作業できるようになっていたり
奥の方でもブース1つ分のスペースを電源、wifi、カフェ(コーヒー無料)を備えた休憩場所として提供していました。

AWS re:Invent 出展ブース

ノベリティ

ブースの傾向は監視系、BIツール、AWSマネジメント系のサービスが多くオンプレ移行ツール、コンサル会社なども少ないながらありました。
皆さんお好きなノベリティですが、安いものからステッカー、缶バッチ、ボールペン、LEDライト、Tシャツが多かったです。
ステッカー、缶バッチは自由に持ってってという感じですがそれ以上のものはIDタグをスキャンしてからの交換となります。

混雑状況

午前中は比較的すいている感じですが、セッションが終わる現地時間17時を過ぎると混みあいます。
デモは都度行っているブースもあれば、1日の中でデモの時間が決まっていて、時間合わせて来てというところもあります。
AWS re:Invent 混雑状況

AWS re:Invent 混雑状況

説明員と話してみよう!

デモや説明を受けた後にIDタグをスキャンしてノベリティと番号の書いた紙をもらい、夕方に抽選会を行い豪華景品が当たる企画を行っているブースが多かったです。
日本人とわかると仕方ないという感じで、すぐノベリティくれる時もありますが、
”どんなサービスなの?”   What kind of service(contents) is it?
“そのサービスはどこが強みなの?” What point is better than other one? と聞くと喜んで説明してくれます!←当たり前ですが。。。
一通り、会話するとノベリティ忘れず持ってて!!て感じになります(不思議www)。

豪華景品は、ドローン、エコーが多く高価なところでiphone7(256GB),Google Pixelなどもありました。

AWS re:Invent 説明員

この記事を書いた人

野々宮聡
野々宮聡レコチョクエンジニア(駆け出し)

今年の半ばからレコチョクエンジニアとして働き始めた野々宮 SATEOSHI(写真:スペルミス?)です。
斬新なサービスやその成り立ちに興味あります。
このサイトでは色々な興味あること、気になることや自分の経験・体験を書いていきたいと思います。

AWS, re:Invent, イベントレポート