【re:Invent2017】 新卒3年目が行くラスベガス【4日目】

2017, AWS, KeyNote, re:Invent

Good MEAN

AWS re:Invent2017参加4日目です。
12/1(金)もまだ開催中ですが、自分は今日がAWS re:Invent2017最後の参加日となります。
KeyNoteの内容含め引き続き、re:Invent2017の空気感や状況などをお知らせできればなと思っております。

Keynote

実は本会場がMCM Hotelであり、自分は勘違いしてVenetian Hotelだと思っていたので出発が遅れてしまいました。
ですが遅れてから本会場のMCMに行ったにもかかわらず、それなりにいい席に座れました。
運がよかったです。
さて、今日の登壇はWerner Vogelsさんをメインとし、
AWS所属のClare Liguoriさん、
Netflix立ち上げに貢献したNora Jonesさん、
AWS所属のAbby Fullerさん、
DigitalGlobe社のCTOであるWalter Scottさん、
AGT InternationalとHEEDの創設者であるMati Kochaviさん、
昨日に引き続きMatt Woodさん、
そしてMatt Woodさんがどうしても会いたかったというIntel社GMのNaveen Raoさんがゲストとして登壇していました。
新サービスと合わせて本日のKeynoteの内容を簡単に掲載致します。

■2012年の身内のre:Inventから全ては始まったそうです。

■本日のアジェンダ

■ヒューマンインターフェースはもっと進んでいくという話

■中でも音声によるインターフェースは発展してきました

■別にAlexaに限らず声による認識というのはほかのデバイスでも大切だというデモ映像
画像では分かりにくいですが実際は魚と会話している映像です。

■声だけに限りませんが、その一端としてAlexaは協力できる

■そこで新サービス:Alexa for Businessです

■音声は新たなる発展における重要なステップ

■新サービス:AWS WELL-ARCHITECTED FRAMEFORK

■WELL-ARCHITECTEDのポリシーについて

■セキュリティについて

■新サービス:AWS Cloud9発表
既存のCloud9の機能に加え、ブレークポイント機能やLambdaのローカル実行テスト機能等を備えたIDEで個人的に注目です。

■AWS Cloud9のデモ
Clare LiguoriさんによるAWS Cloud9のデモです。
ピザを注文する小芝居などがあり面白いデモです。

■再びAWS Cloud9について

■ここから可用性、冗長性等の話

■Nora JonesさんによるChaosの話

■再び可用性、冗長性等の話

■Abby FullerさんによるAWSの強みについての話

■サーバレスアプリケーションについて

■新サービス:Building for the future

■新サービス:AWS Serverless Application Repository

■Walter Scottさんによる大量データを運用するためにAWSとMLを使っているという話

■マシンラーニングについて

■Mati KochaviさんによるIoTを用いた新たな番組の楽しみ方について

■Matt Woodさんによるマシンラーニングについて

■Matt Woodさんがどうしても会いたかったらしいNaveen RaoさんとのDeepLensについての話

■終了時間をまさかの1時間オーバーでの終了
Werner Vogelsさん本人も本当にすまなかったと謝っておりました。

1つ目のセッション(不参加)

Keynote終了後に別会場で本日1つ目のセッション参加予定でしたが、
何を思ったか徒歩で会場に向かおうとしたところ迷子になり2時間程歩き彷徨いました。
ラスベガスの車しかいない道を1人で歩くのは本当に心細かったです。
なんだか毎日何かしらのセッションが不参加もしくは遅刻している気がしますが、この際気にしないことにしましょう。

2つ目のセッション

2つ目は新サービスであるAmazon Neptuneについてのセッションに参加させていただきました。
1時間列に並び参加することが出来ました。
内容としてはグラフ指向型データベースとは何か、Amazon Neptuneとは何か、というような内容になっていました。

re:Play Party

今日の夜にはre:Play Partyという所詮打ち上げのようなものがありました。
有名なDJを呼んだり、懐かしのゲームやバブルサッカーといったアクティビティ等様々な催しがありました。

  1. SOC-CAR:ラジコンサッカーです
  2. LASER DOME:立体的なレーザー光線のパフォーマンスを見られる展示です
  3. INTEL LIGHT CUBE:謎のオブジェです
  4. BLOCKCHAIN:大きなモニターのテトリスです
  5. ARCADE HALL:どちらかというとレトロゲーム中心のゲームセンターです
  6. MAIN STAGE:DJが頑張っています
  7. DANCE FLOOR:みんな盛り上がっています
  8. 360 BARS:360度どこからでも注文できるタイプのバーです
  9. VERTICAL LOUNGE:四角い光るオブジェ群です
  10. FLOAT THE MOAT:子供がよく遊んでいるあのボールプールです
  11. CLIFF HANGER:大きな滑り台です。
  12. CROSSFIRE:3対3行う対人型の弓矢ゲームです
  13. CUBE FARM:柔らか素材の四角いクッション群です
  14. ANGRY BIRDIE:大きなラケットで行うバドミントンです
  15. TEE’EM UP:ゲートボールの打つ棒で行うビリヤードです
  16. DODGE BRAWL:ドッジボールです
  17. BUBBLE SOCCER:あのバブルサッカーです
  18. T-SHIRT GIVEAWAY:1人1枚までTシャツを配っています
  19. MLB BATTING CAGE:バッティングセンターです
  20. SMART LIFT ROADSHOW:Alexa等のデバイスを体験できます
  21. RIDE THE CLOUD:ロデオマシンです
  22. HANGRY HUMANS:特に何もありませんでした
  23. INTELVIP LOUNGE:未確認フロアです

開催待機列です。
相変わらずすごいですね。

会場です。
でかすぎてカメラに収まりきりませんでした

会場内の様子です。

その他のあれこれ

本日のKeynoteの会場です。
またとにかくべらぼうに広いです。
今回はDJのみですが、相変わらず朝とは思えない盛り上がりです。

遠目ですが、Keynote会場に忍者みたいなマスコットキャラクター?もいました。

今日のお昼はAria Hotelのバイキングです。
正直に言って今までで一番おいしかったです。
まぁ迷子になった後のご飯でしたので、その補正もあるとは思いますが。

最後に

これにて自分のAWS re:Invent2017は終了です。
自分としては次回があるならばもう少し英会話が出来るように練習してこようと思える体験でした。
この記事を読んでくださっている皆様には、本記事を通して少しでも会場の雰囲気が伝われば幸いです。
末筆ながら、ご拝読いただきありがとうございました。

この記事を書いた人

いわやす
いわやすDB周りをやっているエンジニア

DB設計やバッチ開発等を主にやってます。
たまにサーバ周りやAPI開発なんかもやってます。
主食はカップ麺です。

2017, AWS, KeyNote, re:Invent