投稿者:

AWS, re:Invent, re:Invent2019, イベントレポート

RecoChoku Tech Night

2019/12/19(木)に AWS re:Invent 2019 参加報告会 をテーマに、
ラスベガスで開催されました re:Invent 2019 の reCap イベントをレコチョク主催で開催いたしました。

今回は以下の会社様に登壇頂くことができました。

はてな様
ミクシィ様
フォトクリエイト様
アマゾンウェブサービスジャパン様
(レコチョク含め5社合同です)
タイム ...

投稿者:

AWS, EFS

本記事は EFS使ってみた ~ EBSとEFSの読み込み速度を比較編 ~ の続きです。

つづき

上記の記事で一旦終了でいいかなと思いましたが、ユースケースを用いてまともに使うにはどうすればよいかを考察します。

AZを分ける

AZを同じでやってみましたが今度は分けてみましょう。

前回と同じようなグラフになりました。
AZが遠いと死期が早まるようです。
EBSかEFSかという観点ではやはりどちらも同じ感

投稿者:

AWS, ECR

概要

ECRにログインしようとすると以下のように怒られました。

❯ docker login -u AWS -p hogehoge https://hogehoge.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.comWARNING! Using --password via the CLI is insecure. Use --password-stdin.Error saving credentials: error storing cred ...

投稿者:

AWS, EFS

本記事は EFS使ってみた ~ EBSとEFSの書き込み速度を比較編 ~ の続きです。

続き

2.1TBのバーストクレジットを使い切ってしまいました。
1GBしか入っていないからかもしれませんが、グラフを見ると1日あたり4GBしか回復しないようです・・・
ということは枯渇したバーストクレジットが最大まで回復するには525日かかることになります。
使い切ったら新しく作り直すしか(白目

というわけで今回は読み込み編です。 ...

投稿者:

AWS, EFS

Amazon EFS API(2019年3月時点の情報です)

用意されているAPIは公式に記載の通りです。

createFileSystem
createMountTarget
createTags
deleteFileSystem
deleteMountTarget
deleteTags
describeFileSystems
describeMountTargets
describeMount ...

投稿者:

AWS, ECR

ECRのリポジトリをCloudFormation でtemplate化していてドキュメントで迷いました。
ECRのリポジトリには コンテナイメージのライフサイクルを設定することができます。
ライフライクルのポリシーについて、
公式のドキュメント にJSON 構文テンプレートが記載されています。

{    "rules": [      &nb ...

投稿者:

AWS, CloudWatch Logs, ECS

ECS Fargateのタスクでは、デフォルトで特殊なことをしなければログの出力先がCloudwatch Logsになります。
Cloudwatch Logsはログを集める場所としては便利ですが、マネージメントコンソール上でログを表示するという点ではあまり見やすくなく、従来どおりEC2にSSHログインしてログを tail -f したり、cut したりしていることに慣れているとまあまあ不便に感じたりします。

これまでのコマンドと同じような使い勝手で、C ...

投稿者:

AWS, AWSCLI, IAM, S3

参照方向はアカウントAのバケットに対してアカウントBがAssumeRoleを設定してアクセス・操作を行います。

設定方法環境A(参照先)ロールの作成(今回の場合はS3の操作)
コンソールからIAM>ロール>ロールの作成を選択
エンティティの種類:別のAWSアカウント
アカウントID:参照元のAWSアカウントID(今回の場合はアカウントB)
※デフォルト設定しなければ、アカウントBのrootに権限が付与されます ...

投稿者:

AWS, re:Invent, re:Invent2018, イベントレポート

はじめに

先日、RecoChoku Tech Night #09 4社合同 AWS re:Invent参加レポートにてAmazon Personalizeについて話しました。今回は、レポートするにあたっての裏話や感想をお伝えできればと思っています。

発表資料

発表内容としては、レコメンドシステムのごくごく一般的な手順の紹介とそれに倣ったAmazon Personalizeの概要、Amazon Personalizeのすごいところを紹介しました。

投稿者:

AWS, re:Invent, re:Invent2018, イベントレポート

はじめに

こんにちは。
移動日も含め、11/25(日)~12/3(月)までアメリカ出張をしておりました、小林です。

12/12(水)に、RecoChoku Tech Night #09 ということで、4社合同re:Invent報告会が開催されました。
わたしはその中のレコチョク枠としてLTで登壇を行いました。

4社合同だったからなのか、re:Inventへの注目が大きいのか、はたまた別な理由なのか…
社内外問わず ...