tech night #2

レコチョク主催勉強会 「RecoChoku Tech Night #2」 開催レポート

イベントレポート

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前回好評のうち終了した 「RecoChoku Tech Night」 ですが、
皆さまからの熱い要望をうけ、再び開催いたしました。

音楽の新しい楽しみ方を提案、新しい挑戦をしているレコチョクが、
この3、4年で取り組んできた技術的変革の内容を
実際に担当したメンバーから語っていただきました。

また、今回は特別ゲストとして アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の北迫様をお招きし、
現在のレコチョクシステムについてお話しくださいました。

セッション内容はコチラ

1. 国内最大級の音楽配信サービスでスクラム開発やってみた

  • 大規模なリニューアル開発ではじめてスクラムを導入してみて

  • プラットフォーム推進部 アプリケーション開発グループ グループ長 原田 定治

2. OracleからAuroraへfeat. 開発しかやってこなかったエンジニア

  • 会員サービスのOracleからAuroraへの移行とその運用について

  • 事業システム推進部 システム・アーキテクトグループ 酒井 修平

  • セッションの動画はこちら

3. CloudSearchでレコチョク検索の実現を目指して

  • CloudSearchでレコチョク検索をどうやって実現したか

  • 事業システム推進部 システム・アーキテクトグループ 山本 耕琢

  • セッションの動画はこちら

4. 【LT】AWS社からみたレコチョクシステム

  • AWS社からみたレコチョクシステムについて

  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 北迫 清訓 様

5. 【LT】AWSへ全面移行した「今」を話します


今回のイベントは、なんと!!4KビデオカメラVRカメラで撮影。
YouTube レコチョク公式チャンネルに一部公開しておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/user/recochokuofficial

*6月に開催された「AWS Summit Tokyo 2016」での松嶋さん登壇映像も公開しています。

なお、投影資料はコチラにアップしていますので、ぜひクリックしてください。
https://eventdots.jp/eventreport/604068

感想

<【LT】AWSへ全面移行した「今」を話します>セッションの中で、
移行に携わったメンバー6名が壇上にあがり、松嶋さんからの質問に挙手で答えるコーナーを設けたので、
参加者からしたら、誰に話しかけたらいいのかがわかったようで、
今回の懇親会は、参加者が1人でいることなく、和気あいあいと盛り上がりました。
たくさんの方々とコミュニケーションを取ることができて、とても貴重な経験となりました。

また、ノベルティとして用意した「バックハンガー」も男女ともに好評でした!!
(レコチョク社員からも欲しいとの声が多々あり)

それでは、、
今回、ご参加くださいました皆様ありがとうございました!!

原田さん登壇.png

酒井さん登壇.png

登壇.png

この記事を書いた人

岩崎
岩崎CTO室 業務管理グループ

イベント系の記事を投稿していく予定です。

食べること、飲むことが好きです。
・好きな食べものは、焼肉・焼き鳥
・好きな飲みものは、ハイボール・日本酒の杉蔵など