ZeppelinでAWS Billing のCSVを分析する(CUR版)

AWS, Zeppelin

以前の記事の続きで今回はAWS BillingのCUR(Cost and Usage Report)の方で試してみました。
前回と同様 /data フォルダ配下にCSVを配置した状態でZeppelinを立ち上げます。

前回調査不足でちょっと面倒な方法でCSVを読み込んでいたのですが、
Spark2.0からはCSVを読み込む機能が標準で用意されているらしく
以下のようにすることで簡単に読み込むことができるようです。
(loadの引数に読み込みたいCSVファイルを指定します)

SQLを使う際に1点注意なのがCSVのヘッダーが lineItem/ProductCode のように / を含むのでカラム名を ` で囲ってあげる必要があります。

Zeppelin 実行イメージ

AWS, Zeppelin