AWS Summit Tokyo 2017 にて VRライブデモ配信を行いました。

VR, イベントレポート

概要

2017/5/31から6/2まで開催された「AWS Summit Tokyo2017」にて VR(ヴァーチャル・リアリティ)体験ブースを出展し、会場で視聴デモを行いました。

今回は、秋葉原のライブスペースと品川「AWS Summit Tokyo2017」会場をクローズドで中継し、3日間にわたり180度VRライブ配信を実施しました。
秋葉原会場から、ニコニコ動画の「踊ってみた」で人気の踊り手ユニット「COJIRASE THE TRIP(こじらせ ざ とりっぷ、以下「こじらせ」)」メンバーのダンスを VRライブ配信。
品川会場では VRゴーグルを装着いただき、目の前でダンスパフォーマンスされているかのようなライブ×VR体験をお楽しみいただきました。

動画はこちらで公開しています。

VR視聴方法や注意事項などはこちらを御覧ください。

「こじらせ」は、YouTube チャンネル総再生回数が 1,650 万回オーバーの「みうめ」をリーダーに、ニコニコ動画の「踊ってみた」で人気の踊り手による、今、注目のダンスユニットです。メンバーにとって VR 映像での撮影・配信は今回が初めての経験でした。

一般的に、VR での撮影では、遠近といった距離が、通常のカメラ以上にはっきり現れるという特徴があり、実際のライブや通常の2D 動画撮影とは異なるため、今回のVR撮影時も、メンバーは立ち位置や振り付けを調整し、また、一人ひとりが距離感やカメラへの目線などを意識したパフォーマンスを実施しました。

VR配信映像を初めて視聴したメンバーは、

  • 「凄い目が合ってる感覚で、長い付き合いなのに、どきどきする」
  • 「近くに来た時に思わずのけぞってしまう」
  • 「自分の好きなアイドルをこれで見たらテンション上がる!」

など、新しいエンタテインメント体験に興奮していました。

今回、ブースには、VRに詳しい方から初体験になるという方まで多くの皆様に来場いただき、さまざまなご意見・ご感想を頂くことができました。

  • 「今後、こういったサービスが展開されるならぜひ利用したい」
  • 「普通のライブよりすごく近くで観れておもしろい」

といったコメントには、今後のVRライブ配信の可能性を感じることができました。

今後も音楽ファンの皆様、アーティストの皆様のために、音楽が持つ付加価値を見つけ、最先端の IT 技術を駆使し、音楽市場の活性化に向けた多様なサービスを展開していきます。

COJIRASE THE TRIPについて

パフォーマンス担当:「COJIRASE THE TRIP(こじらせ ざ とりっぷ)」
2015年9月、歌と踊りとお芝居をファンシーな世界観で表現していく 7人組パフォーマンスユニットとして活動をスタート。
テーマパークに遊びに来たかのような楽曲を中心に、時には楽しく時には激しくパフォーマンスを繰り広げる。
歌詞や振付はみうめを中心にメンバーが考えており、それぞれに意味があるらしいが今は謎のまま。これから 7人が何を伝え、何を表現していくのか・・・物語はまだ始まったばかりである。
http://cojitri.tumblr.com/

この記事を書いた人

鈴木賢司
鈴木賢司

株式会社レコチョクの研究機関レコチョク・ラボのVR担当をしております。