inter BEE 2017に参加しました

イベントレポート

2017年国際放送機器展 inter BEE 2017に参加しました。

ここ最近はVRに関わっているということで音と映像と通信の見本市のこのイベントに行ってきました。

WONDER VISION TECHNO LABORATORYブース

8K:VRライド の案件でご一緒させて頂きました田村吾郎さんの会社で開発をしたもの。
そこで開発した可動式巨大半球状スクリーン spehere5.2を今回は2台出展していました。

1つは我々も関わった 8K:VRライド 東京VICTORY

8K:VRライド 東京VICTORY

もう1つはD.D.R社が開発したAssetto Corsa、PROJECT CARS 2を使用したレーシング・シミュレーションをsphere5.2に投影して遊ぶというもの。

そしてここにSUPER GT GT500クラス S Road Craftsports GT-Rのドライバー、千代勝正選手がこのソフトの世界チャンピオンと戦う企画をやっていました。

千代勝正選手 レーシング・シミュレーション1
千代勝正選手 レーシング・シミュレーション2

ちなみに田村さんにお取り計らい頂き、少しだけ千代選手とお話をさせて頂いたのですが、かなりリアルで「Gがないだけ」でこれを導入して欲しいくらいと仰ってました。
Gに関しても映像がこれだけリアルだと脳内で再現されるとのこと、なんか凄い。

ちなみに私SUPER GTが大好きなのでテンション↑。

私も乗りましたが普通に車に乗ってる感覚でした。ハイ。

Amazon Web Servicesブース

AWS Snowballの所に弊社の事例紹介がありました。

AWS Snowball事例

NTTドコモステージ

最新の映像技術とスマートフォンを使った新しい音楽ライブ体験ができる「新体感ライブビューイング」
メイン目的のこちらで詳細は以下となります。
http://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/conference/ignition_night.html

とりあえず最前列に陣取る。

アーティストは2015年に結成した新進の「エドガー・サリヴァン」さん。
渋谷タワーレコードから幕張メッセへの中継です。
1曲目は普通にモニターだけでの上映。

エドガー・サリヴァン

2/3曲目は予め設置された、パネル液晶とタブレット、自身のスマホにも映像が写る演出。
ちなみにタブレットはライブ映像ではないのがわかるかと思います。
でも色々な映像が楽しめて面白かったのと同期の安定度がすごかったです。

エドサリ1
エドサリ2
エドサリ3

で、最後はこれにプラスしてスマホで予め自分でロゴを作成して演奏中にスワイプをするとそれがメインディスプレイに表示されるというもの。
人がいっぱいなのでどれが自分のかは分からないですが、一緒に盛り上げるというインタラクティブ仕組みは今後必要になってくるものだと思っています!

エドサリ ライブビューイング

こういったライブをより楽しくする仕組みを我々も研究しないとな、と痛感しました。
写真撮り忘れましたがスマホで楽しむエドサリARも展示されていました。

この記事を書いた人

山内和樹
山内和樹
レコチョク・ラボの人。
VRのサービスに関する研究を日々やっている。
最近はサービスに関することだけではなく、撮影・編集にも手を出している。
あとスマホが好き。