【AWSロードバランサー】CLBからALBに移行したくなる機能が追加された件

ALB, AWS, CLB

CLB(ClassicLoadBlancer)からALB(ApplicationLoadBlancer)に移行したくなる機能が追加された件

こんばんは。

AWS WAFを使うにはALBじゃないとダメだったりするので、ALBへの移行も考えなきゃな……と考えられているかと思います。

そんな中、CLBにALBへの移行ウィザード機能が追加されました。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/11/new-one-step-migration-wizard-to-migrate-a-classic-load-balancer/

という事で、さっそく試してみました。

やってみる

適当なCLB用意します。
どんな機能か分からないので、外部から疎通確認しながらやってみます。

ALB移行元

[移行] タブが出来てる。

ALB移行機能

早速ウィザード起動。
差分も分かりやすいかも。
ターゲットグループも自動で作成される模様。
名前は移行元となるCLBの名前そのままになる模様。
まあ後でも変えられるのでこのまま実行。

ALB移行ウィザード

ちなみに、ウィザードに沿って行移行する際に、同じ名前のリソースがあると怒られました。

ALB移行注意

怒られなければ……すぐ出来るはず。

ALB移行完了

既存のCLBをコンバートする訳では無く、新たにALBが作成される様です。

CLBからALB

CLB移行

ですので、既存CLBへの通信も影響無しでした。

後はALB経由で通信確認などを行えば、DNS設定を変えるだけで、CLBからALBへの移行が完了です。

まとめ

ALB作成した事があればそこまで大した事はないかもですが、既存設定との差分を確認しながらALBを
作成できるのは便利かもしれませんね。

おまけ

ALBに紐づけているWAFのwebACLが表示されてるの知らなかった。
いつからあったんだろうか。

ALB webACL

この記事を書いた人

野村昌男
野村昌男
ネットワークとセキュリティメインでやっています。
L4/L3以下が好きです。

ALB, AWS, CLB