投稿者:

セキュリティ

セキュリティ対策を行うにあたって難しいと感じられている事は何でしょうか。
色々なご意見を伺っていて多いのが、何が問題で何をやればよいのか良くわからない、という事です。

そこで、判断をするにあたっての考え方の例を挙げたいと思います。

そもそもセキュリティ対策って何か

オフィスやシステムで保持している情報には、会社として「情報資産」として定義されているものがあります。
これらは事業、またサービス提供にあたっての重要情報ですので、これを守 ...

投稿者:

Python

サンプルとして、CodeZineさんのRSSをお借りしました。
対象から適当に要素を削除します。

対象<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><?xml-stylesheet href="../../../../../css/rss/feedRss2.xsl" media="screen" type="text/xsl"?> <rss version="2.0">   ...

投稿者:

Chrome

前書きWeb開発 と キャッシュ

Web 開発をするにあたって、キャッシュとの戦いは避けられません。

あれ?直したはずの箇所がまだ動いてないな…

あ、古いバージョンがキャッシュに残ってたのか!

みたいな不毛なことを繰り返しながら、開発者は着実に精神と残り時間が削られていきます。

今回、これを解消するための機能について紹介します。

Chrome における実装

ブラウザ開発者もこの問題は既知のようで、開発者用にキャッシ ...

投稿者:

docker

シェルの環境変数を Dockerfile 内で参照したい

シェルの環境変数を Dockerfile 内で使いたい、という状況がありました。
Dockerfile の公式ドキュメントで環境変数の項目を見ると、次のように書いてありました。

Dockerfile は環境変数( env 命令 で宣言)も解釈できます。命令文字(ステートメント・リテラル)中では、変数の様な構文でエスケープ・シーケンスも扱えます。
Dockerfile の中では、環境変数を ...

投稿者:

Python

Python の言語仕様を理解していなかったため、危険なバグを発生させた話

最初、このような関数がありました<br/>def is_in_payment_term(item) -> bool:"""引数に取ったアイテムが購入可能かをチェック"""    now = datetime.now()     # 本当はもっと色々条件があるのですが… &n ...

投稿者:

ATOM

何かの拍子に開いてしまったので、閉じ方メモ

やり方MacWindowsCommand + “.”Ctrl + “.”補足

Command + “.” もしくは ctrl + “.” で表示・非表示が出来る。

投稿者:

Git, Jenkins, Nginx

ビルドサーバの構築を行いました。
今回はパッケージインストールからサーバを起動するところまで書きたいと思います。
前提としてビルドサーバでは、GitHub と連携し Push されたタイミングで Job を実行します。
ビルドは、Gradle で行います。

要件

パッケージ名(バージョン)

JDK (8系なら良し)
Git (よしなに)
Nginx (よしなに)
Jenkins (よしなに)
Gradle ...

投稿者:

Python

ディレクトリ構成は前回と同じ構成となります。

コード#!/usr/bin/env python# -*- coding: utf-8 -*- from configparser import ConfigParser class App(object):    _instance = None     def __new__(cls): &nbs ...

投稿者:

Python

ラムダ式との出会い

Pythonについて勉強中の江藤です。
先週、Pythonで画像処理を行うライブラリについてしらべていたところ、Qiitaの『PILでEXIF Orientationタグを考慮して処理』という記事で以下のような方法が掲載されていました。

# Orientation タグ値にしたがった処理# PIL における Rotate の角度は反時計回りが正convert_image = {    1: lamb ...

投稿者:

bot, LINE

LINE MessagingAPI を使ってLINEのBotを作成してみました。

準備

まず LINE Business Center でアカウントを作成します。
遊びで使うのであれば Developer Trial を選択すればOKです。登録後すぐ使えるようになります。
(アカウント種別ごとの違いは上のページのプラン紹介に載っています)

登録するとLINE@ と LINE Developersのページが使えるようになりま