AWS re:Invent 新サービスAWS Batchを聞いてきました

AWS, Batch, re:Invent

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

AWS re:Invent 2016で新サービスAmazon Batchの発表とデモをみたので簡単にまとめました。

概要

  • Batchはコンテナのように使える
  • ワークフローのように使え、依存や独立も定義可能
  • スケジュール設定が可能
  • Batchの利用料金は無料、処理に使ったリソースの分(インスタンス)料金がかかる
    • リソースは動的に設定できる
  • 2016/12現在 USEast Virginiaリージョンのみ利用可能
  • 今後Lamdbaファンクションも使えるようになる予定

デモ内容

  • EC2の作成/起動のjobを作成
  • jobのステータス管理できる
    • マネージメントコンソールでもCLIからでも可能
    • ステータスを見ながら、ジョブフローを制御

感想

データ取得やシステム間連携をサーバレス化するために利用したいです。
今回同時に発表されたサービスでも同じようなことが実現できそうだと思ったので、もっと調べる必要があります。
AWS Step Functions
・Blox
AWS Glue

参考

https://aws.amazon.com/jp/batch/use-cases/#digital-media
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/aws-batch-basic-feature/
http://jp.techcrunch.com/2016/12/02/20161201aws-batch-simplifies-batch-computing-in-the-cloud/

AWS, Batch, re:Invent