投稿者:

AWS, EFS

本記事は EFS使ってみた ~ EBSとEFSの読み込み速度を比較編 ~ の続きです。

つづき

上記の記事で一旦終了でいいかなと思いましたが、ユースケースを用いてまともに使うにはどうすればよいかを考察します。

AZを分ける

AZを同じでやってみましたが今度は分けてみましょう。

前回と同じようなグラフになりました。
AZが遠いと死期が早まるようです。
EBSかEFSかという観点ではやはりどちらも同じ感

投稿者:

AWS, EFS

本記事は EFS使ってみた ~ EBSとEFSの書き込み速度を比較編 ~ の続きです。

続き

2.1TBのバーストクレジットを使い切ってしまいました。
1GBしか入っていないからかもしれませんが、グラフを見ると1日あたり4GBしか回復しないようです・・・
ということは枯渇したバーストクレジットが最大まで回復するには525日かかることになります。
使い切ったら新しく作り直すしか(白目

というわけで今回は読み込み編です。 ...

投稿者:

AWS, EFS

Amazon EFS API(2019年3月時点の情報です)

用意されているAPIは公式に記載の通りです。

createFileSystem
createMountTarget
createTags
deleteFileSystem
deleteMountTarget
deleteTags
describeFileSystems
describeMountTargets
describeMount ...

投稿者:

Excel, SHA256, VBA, マクロ

Excel上でSHAハッシュを取得する必要があり、SHA(セル名)みたいな形で一括で変換したかったため 使い方 を記述してみました!
VBAを使うのは初めてだったため、ユーザー定義関数として使えるようにするまでの手順をまとめました。

VBAマクロをつかう

まずエクセルでVBAのマクロを使うための手順です。
初期設定状態では開発メニューが表示されていないため表示させるようにします。
左上のファイルメニューをクリックすると左側に表示されるサ ...

投稿者:

AWS, EFS

EFSの仕様無数のストレージサーバーに分散
ペタバイト規模にまで柔軟に拡張
EC2から並列アクセスが可能
分散設計により従来のファイルサーバーに本質的に存在したボトルネックや制約を回避できる
NFSv4でマウントするとローカルファイルシステムと同じようにファイルやディレクトリを操作できる
ファイルシステムの拡大に合わせて、スループットおよび IOPS がスケール
TLS
ディスク容量制限がなく、使用したぶんだけスケーラブルに拡張される ...

投稿者:

CoffeeScript, JavaScript

Array.Prototype.Includesとは

Ecmaスクリプトを読み直してたらArray.prototype.includesというのが実装されていたのを知りました。

2016 2016年6月 冪乗演算子、Array.prototype.includes

というかべき乗演算子もわりと最近だったんですね・・・

配列の中にその値があるかを判定します。

coffee> arr = [1,3,5,7,9][ 1, 3, 5 ...

投稿者:

Node.js

はじめに

アプリ内でディレクトリを作る、となった場合、存在有無は?階層構造は?存在してた場合は?というようなことを考えなくてはならないわけですが、
Node.jsではFileReadとFileReadSyncみたいに、Syncがついているものとついていないものがあります。
やることは同じなんですがどう違うかというと非同期か同期的に実行されるかで、Sync(同期的)は使わないほうがよいとされています。
FileIOとかは時間がかかるので同期的にやると ...

投稿者:

Node.js

ストップウォッチに悩む

私はよく、技術の調査や新しいコンポーネントなどの優劣の比較をする際に、ターンアラウンドタイムやスループットを計測するため処理時間を計測してグラフにしたりということをしています。
時間を計測するのは結構難しくて、C#ではStopwatchというクラスが実装されていて便利なんですが、おおよその言語ではそういったものは用意されていません。
なので目的の時間がかかりそうな処理やAPIの前後などでUNIX時間を取得して引き算してかかった時間を ...

投稿者:

AWS, イベントレポート

概要

2018/06/26(火)に、レコチョクオフィス内(3F)にて 「AWS初心者向けハンズオン Webサーバ構築編」の第5回目を開催させて頂きました。
内容は第5回目ということもありまして今までと同じ内容です。(前回の記事はこちら)

作業自体は下記のとおりです。

<前半>sshで接続
EC2作成
FW設定
httpで接続
httpdのインストール
<後半>AMI作成
ELB作成
EC2作成
DN ...

投稿者:

DevQA, テスト, マネージメント

テスト専門企業での事例から

・年間100件前後
・常時230人がテストにあたり、繁忙期にはアウトソースで100人。
・年間約17-8万件バグ発見

従来型テスト

従来型テストとは、

1.企画

2.開発

3.デバッグ

というフローの中でプロダクトの最後の工程でテストを実施するもの。
10年前は従来型の方法でやっていたがよくある問題が起こっていた。

・残業、休日出勤など ...