Vagrantでお手軽にAmazon Linuxの仮想マシンを立てる

Linux, Vagrant

はじめに

エンジニア研修中に私用PCでAmazon Linuxを触りたいと思い、何かないかと調査すると仮想環境構築ツールのVagrantがヒットしました。
名前だけは知っていたので、この機会に使ってみました。
ちょっと古めのツールですが、便利だったので紹介します。

インストール

OSに合ったVirtualBoxとVagrantをインストール
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
https://www.vagrantup.com/downloads.html

この2つをインストールしたら、Vagrantを使って簡単にVirtualBox上に仮想マシンが構築できます。

Amazon Linuxの仮想マシン構築

まずコマンドから

これだけ。

  • vagrant init: 仮想マシンの設定ファイルとなるVagrantfileを生成
  • vagrant up: Vagrantfileを元に仮想マシンを構築、起動(構築後は起動のコマンド)
  • mvbcoding/awslinux: Boxファイル(OSのイメージファイルのこと)の指定
    • ローカルのBoxリストに指定したBoxファイルが無い場合、起動時にVagrantCloudから指定したBoxファイルを持ってくる

VagrantCloudに有志がAmazon Linuxを配布してくれていたようなので、今回はそれを使いました。

Vagrantの主なコマンド

Boxファイルの追加

Boxファイルの一覧取得

Boxファイルの削除

仮想マシンの起動状態確認

仮想マシンにSSHログイン

仮想マシンを停止

仮想マシンを再起動

仮想マシンを削除

便利な設定

Vagrantfileを書き換えることで、様々な設定を変更できます。
設定を適用するには仮想マシンを再起動させる必要があります。

プライベートIPアドレス設定

Vagrantfileの35行目のコメントアウトを外す

これでApacheなどを起動して、ブラウザで http://192.168.33.10 にアクセスするとコンテンツが見れるようになります。

ホストPC側とディレクトリを同期

Vagrantfileの46行目のコメントアウトを外す

../dataはホストPC側のディレクトリ、 /vagrant_dataは仮想マシン側のディレクトリなので、同期させたいディレクトリに書き換えましょう。
これでホストPC側の好きなエディタで編集できます。

まとめ

どこでも同じ環境を再現できるようにするという、本来のVagrantの使い方とは外れてしまいましたが、手軽にCUIの仮想マシンが立てられ遊べるので便利です。
Dockerにも公式にAmazon Linuxがあるようですね。

この記事を書いた人

海津 純平
海津 純平

2017年入社の新卒です。

Linux, Vagrant