投稿者:

AWS, DynamoDB

はじめに

DynamoDBのコスト削減について考えてみました。

リザーブドキャパシティ

DynamoDBのコストを考えるときに真っ先に対応したいのはリザーブドキャパシティです。
年単位でキャパシティを前払い購入することで大幅な値引きが実現できます。

オートスケールの検討

オートスケールを導入することで、実際の消費キャパシティに応じてキャパシティ値を動的に変更することが可能です。
ピーク時と平常時でキャパシティの消費量に差がある場合、大き ...

投稿者:

AWS, DynamoDB

はじめに

DynamoDBでは、テーブルを作成する際に読み込みと書き込みのスループット(キャパシティ値)を設定する必要があります。このキャパシティ値によって料金が変わってきますので、実績に基づいて出来るだけ低く設定したいところです。

ただし、キャパシティ値を超えるリクエストが発生しまうと処理に失敗してしまうので、ある程度余裕も持たなければならないというのが難しいところです。

この難しさに加えて、パーティションという厄介な存在が我々を苦しめます。

投稿者:

GitHub

GitHub.com で管理していたリポジトリを、GitHub Enterprise(GHE) へ移行する手順になります。

概要

Issue や Pull Request 等の内容を含めてリポジトリデータを移行するには、ghe-migrator機能を使用する必要があります。
本記事では、GHEバージョン 2.11 系で実施した際の手順をまとめました。

※ 2018年4月現在のGHE最新バージョンは 2.13 になりますが、大きな変更はないか ...

投稿者:

コマンド

grep コマンドのオプションに、-A と -B があります。

-A num: マッチした行から後の num 行を同時に検索結果として表示
-B num: マッチした行から前の num 行を同時に検索結果として表示

以下のようなファイル (seasons.txt) を用意してみます。

$ cat seasons.txtSpringSummerAutumnWinterSpringSummerAutumnWinterSpringSumm ...